ガリベスの徒然なる日々

徒然な日々の中で気になった事をつらつらと記していきます

【スポンサーリンク】

冒険の朝【ナイトアンドドラゴン2攻略】

ナイトアンドドラゴン2攻略記事

f:id:harequin:20190306192500j:image

そんな装備で大丈夫か?

何故か冒険者ギルドに、アルバイトの募集にやってきたマルカは、PYNGの冒険者として採用された。

 

早速クエストへの挑戦をギルドマスターガリベスに申し渡され、アイと共に旅立つのだった。

 

「マルカくん、改めてよろしく説明お姉さんのアイちゃんだよ!

アイはピースサインをキラっと目元に当ててマルカにウインクをする。

 

「よろしくお願いします。(僕よりも一回りくらい上だよな…)」

ゾワリ…一瞬、アイから得体の知れないなにかを感じたマルカ。

 

「それでは早速に冒険に行こう!!っとその前に…マルカくん、流石にスーツ姿での冒険は躊躇っちゃうな…」

 

マルカはアイに連れられて商会を訪れた。

 

「商会には装備が売っているけど、それだけじゃないよ?工房では魔晶石って言うマジックアイテムを作ったり、武器に合成したりできる。紹介所にはマルカくん以外の冒険者も来ているからそこでパーティを組んだり、魔女の館の魔女から力を授けてもらったりできるんだよ!魔女はがめついからかなり高いんだけどね…笑」

 

アイの説明を受けながら武器と防具を見に来る。

「うーん…マルカくんに必要な最低装備は…と…確かステータスは魔法使い向けだったよね。」

と、アイは見繕い始めた。

「最強のルーキーを育てたら…」

キラキラに輝いた防具などを見始めたのをみたマルカは「予算は1万Gでお願いします!」

「え!?あ、あははは…」

サッと装備を片付けたアイは、ルーキーセットから集め始めた。

防具を揃えたマルカは、武器を見始めた。

 

「はい、ここで注目!」

ソードを手に取り、アイは説明を始める

「武器には武器種と言うのがあって、それぞれのクラスに得意な武器があるのよ。その武器種は熟練度があって熟練度が上がるほど強いスキルが使えるのだけど、魔法使いの場合は武器の形じゃなくて武器の属性が練度に繋がるから、魔法適性の高いマルカくんがどんな魔法を使いたいのかによって最初に選ぶ武器は変わってくるのよね。攻撃特化した火炎、攻撃を強化する雷槌、サポートを行う氷結、回復のエキスパート聖風。さぁどれがいいかな?」

 

マルカは迷いなく剣を取った

「ちょい、待てーい!話を聞いてた?魔法適性の高いマルカくんは魔法使いになるべきなのよ」

そう、アイに言われマルカはまた剣をとっ「ちょっ!!」

「冒険者は剣ないと!」マルカは鬼気迫る表情でアイに伝える

「お、おぅ…」

アイはそのマルカの威圧に押されて何も言えなくなった。

そして、マルカは雷槌の杖を購入した。

「アイさんのアドバイスを考えると魔法もありですね!」

「今の流れ…」涙目になるアイ

 

装備を整えたマルカは、アイとパーティを組み旅立った。

f:id:harequin:20190303161028j:image

 

つづく