ガリベスの徒然なる日々

徒然な日々の中で気になった事をつらつらと記していきます

【スポンサーリンク】

キャベツとアンチョビのパスタ

f:id:harequin:20180910211339j:image

本日のごはんは

キャベツとアンチョビパスタ

 

アンチョビはイワシの塩漬け

その塩辛さだけでも酒のアテになる!!

今日はアンチョビの塩加減を上手く使った一品!

 

材料

アンチョビ…1/2缶

キャベツ…1/4玉

玉ねぎ…1/4玉

ニンニクチューブ…ティースプーン1杯

鷹の爪…1個

スパゲティ…1束

オリーブオイル…適量

コンソメスープの素ブロックタイプ…1/2個

 

作り方

1.玉ねぎをみじん切り、アンチョビ1/2缶の1/2を刻みます。残りの1/2は食感が残る様に切ります。

2.キャベツを一口大に切り、薄く塩味がする程度のお湯で湯がきます。緑が鮮やかになったら冷水で冷やし色を止めます。

3.オリーブオイルを入れたフライパンに1の材料とニンニクチューブ、そのままの鷹の爪を入れ弱火でゆっくりと火を通します。飴色に色づき始めたら火を止めて。余熱を冷ましながら焦げない様に混ぜます。

4.海水より少し薄めに塩を入れた水を沸かして、パスタを湯がきます。パスタに火を通したら、パスタの茹で汁150ml程度を残しておき、パスタを湯切りします。その際オリーブオイルを絡めます。

5.パスタの茹で汁にコンソメを溶かし、再加熱した3と合わせます。沸騰させながら混ぜます。

 

6.5が軽くトロミを帯びてきたら4のパスタを加え合えます。汁気を飛ばしたところで1の残りのアンチョビ、2のキャベツを加え完成

 

ポイント

・アンチョビは味付け用と食感を楽しむ様にわける

 

・キャベツを湯がく時の塩は、キャベツの味付けでは無く青くささを飛ばす為なので無くてもよい。パスタ全体の塩味の中心はアンチョビ!

 

・にんにくに限らず油に味を付ける場合は基本的に常温から火を通して焦がさないようにする

・辛味が欲しければ鷹の爪は刻む

・パスタの茹で汁を使う事で油を乳化させ、パスタと油を絡め易くします。

 

f:id:harequin:20180911082647j:image

 

にんにくの香りが食欲を刺激し、唐辛子のピリッとした刺激とアンチョビの塩辛さがクセになる!

慣れたら15分もかからない料理なのですが、ササッと作れると料理ができそうに見えますよ

 

今晩の一品にいかが?