ガリベスの徒然なる日々

徒然な日々の中で気になった事をつらつらと記していきます

【スポンサーリンク】

【本当にあった】祓う〜終〜【恐い話】

これは私がTとルームシェアをしていた頃の話

です。

f:id:harequin:20180907001641j:image

顔を見てからは、直ぐにルームシェアを解消し実家に帰りました。しかし、視線や違和感は拭いきれず私はどんどん精神はどんどん荒んでいきました。

ある時職場で視える事で有名な先輩に視てもらう事になりました。

 

祓う

当時の私は病院に勤めていました。その職場では時より不思議な事が起こるのですが、それを解決してくれる先輩が居ました。部署が違う為に中々話す機会が無かったのですが、あまりの状況だったのでわざわざ時間を作って貰い相談しました。

その先輩は俗にいうアニメ声でゆっくりふわふわな話し方をされるのですが、話す内容は話し方や声とは真逆でかなり辛辣な事をいう人でした。その先輩の話は数知れず、数日前から死期が近い事を言い当てたり。嫌なモノが視えるという苦情があれば対処して視えなくしたり、簡単な縁切り(お祓い?)ができたりと色々と噂を耳にしていました。

その先輩へ相談の電話の時から、先輩の凄さを感じて居ました。

私「すいません、職場の近くの居酒屋で話聞いて頂けませんか?」

 

先輩「え〜?嫌やぁ〜。めんどくさい話やもん〜。明日お清めのん上げるしそれ飲んだらいいんちゃう〜?」

かなり簡略にお伝えしたので、先輩からの返事がかえって来るまでに、霊験などの話は一切してません。しかし、何かそれらしい返事をいただいたのと、結局その日ふ相談にはのってもらえませんでした。

 

次の日私はその先輩からお酒を受け取る為に会う事になりました。

先輩「めっちゃついてるよなぁ〜。どうしたん?それ笑」

私「まじですか!?女の人…?」

先輩「わかるのだけやったら女の人ばっかり〜。それどうしたん?笑」

 

かなり軽いのりで私に憑いてる事を伝えられ、やはり、女の人が数人憑いてる事を知らされました。

先輩が視えてる範囲では、中学生から高校生くらいの女の子のふたりと20代くらいの女性、50〜60代の女性、それ以上の女性一人が見えている。今は見えないけど生霊みたいな感じが2人いるとのことでした…

先輩は曰くハッキリと視える訳じゃなく、感覚として視えるだけだからどんな人かまではわからないそうです。

中学生と高校生の女の子は私に対して興味がある様な感じで、どちらかと言うと遊びたいと感じるそうで

20代の女性は私に似た男性に惹かれやすいらしく、イタズラをするらしいですが、色んな人にすぐに憑くらしいです。

年をとったふたりの女性はナワバリに入ってきた人に対して、イタズラをする様な霊らしい。先輩曰く実害はそんなにないが鬱陶しい系らしい。

そして、生霊は私に好意を寄せている、もしくは寄せていた人らしい、力自体は強くないけど周りの霊を呼び寄せてしまいやすいらしい。

 

こんなに憑かれている事を知って私は驚きました。そして、今までの体験を伝えました。先輩曰く、霊自体は強くないので環境を整えたら消えていくらしい。但し、生霊がいる限りはイタズラをする何かが寄って来やすいらしいとの事…それとルームシェアをしていた場所については何かしらの通り道に近かったくらいで別に曰く付きだったことではないようでした。後はTが何人か連れてきていたらしいとの事でしたが、T自体はそれなりに憑かれやすい体質らしいですが、本人自体がイタズラなどのチカラを跳ね返し易い体質らしいので、周りにいる人に最終的に引っ憑けるらしい…アイツ…

 

 

先輩の話を要約すると憑かれやすい状態の私が、霊がウロついてる所に飛び込んでいってナンパをしている様な状態だったらしいです。霊達も自分を感じてほしくて色々な表現をしただけらしい。

 

そういう、状態だろうと先輩は説明してくれてそれを渡してくれました。

それからは神秘的な力を感じ、持っただけで心が洗わる様な感じがしました。

 

と言う事はなく

 

驚きの「鬼ころし」

 

先輩曰く、なんか強そうやん?だそうです。

 

私はその夜先輩に言われた様に、身体を清めてから、一人の部屋で一気に飲み干しました。しばらくすると身体が芯から熱くなる感覚に支配され、目が回り出して、トイレに駆け込みました。

 

いつのまにかトイレで寝てしまっていた様です

まだ身体に疲労感が残っていますが、気持ちはすっきりしていました。

 

流石先輩効くなぁと…直ぐに昨日の夜間に起こった事を報告し、感謝しました。

 

先輩「それ多分中毒やからお清めとかとは関係ないよ〜」

ただただ私が弱かっただけでした…

 

まぁ、病は気からという様にすっきりしたなら良かった!!

 

と電話を切る直前に先輩は気になる一言をいいました。「後の二人はなんとかしてね〜笑」

 

〜終〜

 

 

 

ルームシェアでの体験はこれでお終い。

 

私の周りの人達は陽気な人が多く、深刻に悩んでても明るく対応してくれる人ばかりです。

当時支えてくれた人達には本当に感謝が止まりません。

 

 

 

ルームシェアシリーズこれにて完結!!

他の話はコチラ!