ガリベスの徒然なる日々

徒然な日々の中で気になった事をつらつらと記していきます

【スポンサーリンク】

【本当にあった】音〜破〜その2【怖い話】

f:id:harequin:20180827230207j:image

 

私が友人Tと某寺付近にルームシェアをしていた頃の体験談です。

 

白装束とワラ人形(正確には布製の手作り人形)を見てから数日後の話です。友人Tと私は何事もなく過ごし、私達は日常に戻っていました。

 

23時頃、携帯電話にTからの着信があった。

T「今から女友達とドライブいくねんけどどう?」

私「明日、仕事だしパス!」

T「そかそか、ほなまた明日〜」

 

私は半ば羨ましい気持ちになりながらもそのまま寝支度をし始めた。

カーン、カーン。

布団に入って0時頃、拍子木を叩く様な音が聞こえた。私の実家では、火の用心の巡回が有志によって行われていた。その為、時間はまちまちで稀に迷惑な時間にも叩く人もいた。

カーン、カーン。

煩いなぁ…と思いながらも付近で叩かれる音も忘れ、眠りに落ちた。

 

ガサガサ!!ドン!!「ンニャー!!」

また、猫か…カーン、カーン。

今、何時だ?(3時)まだ、Tは帰って来てない。

携帯電話のメールで、Tに連絡。

早速返事代わりの電話が鳴る。

 

T「ガリベス、ちょ、ヤバイのみてしまったかも。○○トンネルの方に来てるねんけど、川の方で車が燃えててん。とりあえず何人か野次馬いたっぽいし、帰りやねんけど」

 

○○トンネルか性懲りもなく…カーン、カーン。

○○トンネルとは京都民にはおなじみの心霊スポット。私はその話を聞いて、先日の出来事を思い出してしまいました。

この時間に、一人でいるの怖い…カーン、カーン。

に、しても火の用心さんは張り切り過ぎだなぁ…??

 

夜中3時までずっと続けてるのか?それに、マンションの一階とは言え、家の前にでもいるぐらいの距離なんて聞こえる筈はない。家の裏側から聞こえる…家の裏側は他のマンションの壁…カーン、カーン。

それに、拍子木を叩いていたのは実家。私は引っ越し先なんだ。

それに、拍子木の音よりも伸びが、悪い。何の音かはわからない。木で何かを叩いてる??

カーン、カーン。

私は白装束のあの日を思い出しました…マジでか…どうしよう。とにかく怖い一心でTに電話をかけようとした直後。

 

…ガシャガシャ!!

 

ドアノブを激しく開ける音…

ジリリリ!!

T「まだ、起きてたん?電話タイミング良すぎてびびったわ…笑」

私「ちょ、家の裏でカンカン音すんねん!!」

T「んな、訳無いやろ笑、それよりも○○トンネルの事故やねんけどな…」

とTはベランダから外を見回しましたが、何もなかったのです。

T「ほらな??」

バン!!と上階から床を叩く様な音が…

T「上の階の人うるさいから怒っとったんかな?」

私「そうかも知れんけど、こんな時間から眠れへんな。朝まで語りコースやな」

T「これ、借りて来たしみるけ?」

呪いのビデオの最新巻。

私「お前なぁ…」

そうして寝不足ながらに出勤時間までDVDを見ることになったのです。

 

あの音は何だったのでしょうか?勝手な憶測で白装束、人形、トンカチ…まさかね。

 

次回〜急〜

Tは霊感が全くないのか不思議な体験などをしない。しかしTが心霊スポット巡りをしている事、不思議な体験が続いている事もあり流石に私も怖くなった。それらを含めて、霊感が強いTの母親に視てもらうことになった。

 

T母「今日連れて来てた女の子ってガリベスの彼女?趣味悪いなぁ…」

 

この一言から私はルームシェア解消にまで至るまでそんなに時間はかからなかった。

 

前回までのお話はこちらから

 

シリーズまとめ

 

すこし小腹が空きました?ペヤングなんていかがですか?

ペヤング 激辛やきそば(1コ入)

【送料無料(沖縄・離島除く)】ペヤング やきそばシリーズ お好み18個(6個単位選択)【コンビニ受取対応商品】