ガリベスの徒然なる日々

徒然な日々の中で気になった事をつらつらと記していきます

【スポンサーリンク】

【これはペヤングですか?】ペヤングはイカが?【イカしてませんか?】

ここからしばらくはイカペヤングを無理やり関連づける無駄な時間となりますので、お忙しい方はスクロール、もしくはペヤングをお食べください。(ガリベス)

イカ

イカ(烏賊・鰞・柔魚・魷 英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) Decapodiformes とされる。

Wikipediaより引用:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イカ

 

また地球の食べ物にはペヤングというものがあり、イカ分類学上相似していないが人間の食べ物というカテゴリにて類似している。

参考サイトhttps://harequin.hateblo.jp/entry/2018/06/17/【大いなる】ペヤンガー!【歴史】

 

 

神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。 10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕をちぎって逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。余談ではあるが、ペヤングも過去進化の過程で逃走の為にだばぁという技術をもっていた時期があった。彼らのだばぁにより何人のペヤンガーが食欲を削られたか。損失は大きい。

 

生態

全世界の浅い海から深海まで、あらゆる海に分布する。淡水域に生息する種類は確認されていない。体長は2cm程度から20mに達するものまで、種類によって差がある。

ペヤングもさまざまな種類が確認されており、ペヤンガーガリベスは大きく三種に分類している

刺激種

激辛

からしMAX

具材変異種

酒とポテトのチーズ

回鍋肉

巨大種

超超大盛りギガマックス

 

 

それでは本題に参ります

 

ペヤング  イカした焼きそば ソース味

f:id:harequin:20180827092538j:image

 

イカ入りとは言えない。素直になれないそんなペヤングの心情を表した作品…

 

オープン ザ ペヤング!!

f:id:harequin:20180827124030j:image

 

イカ「こんちゃーっす!」

おっ、おっ、おう…

 

フリーズドライされたイカが、これでもかと言わんばかりにかやくに入ってる…

f:id:harequin:20180827124134j:image

 

 

今回は、久々に基本に振り返って

3分ジャストに設定

 

f:id:harequin:20180827124340j:image

 

出来上がって気づいた…イカが粉末になっとぉーよ!!ガリベスはペヤングを混ぜる時には愛情たっぷりに…

そして、早く食わせろ!!

という明確な意志のもと混ぜているので勢いよすぎたのでしょう…殆ど残骸になっておった…

 

 

それでは、 これからペヤングを食べる皆さんご唱和ください

「頂きまーす!!」

 

うむ、中々のペヤングであったぞ。

 

イカが粉末になったお陰か、それともソースがイカソースになっていたのか?ほのかにイカの風味が広がり、屋台の焼きそばを食べる様な思い出が蘇る…

 

これまでのペヤング記事はこちらから!